こんにちは、寝屋川市を拠点に外壁塗装、屋根塗装他、各種塗装工事を行っております下村塗装です。


平均的に10年に1回と言われている「お家の健康診断」ですが、劣化の状況はその家々によって様々です。
以前に使用した塗料、下地、何度目の塗替え(経年)か、その家が置かれている環境(紫外線・風・雨)など、様々な要因によって劣化の状況は変わってきます。

「まだ〇〇年しか経っていないから大丈夫」ではなく下記のような現象が見え始めたら塗替えのサインです。
弊社ではご連絡いただければ診断をした上で、その状況に応じて適切な施工をご提案・お見積りさせていただきます。


チョーキング


壁を触った時に手の平に白い粉が付いてしまう現象で、これをチョーキング現象と言います。太陽からの光や熱、雨や風に巻き上げられた砂によって外壁が劣化して起こる現象です。チョーク現象を放置しておくと外壁にヒビが入ったり、カビが生えたりと多くトラブルが起こってしまいます。

このように、触ってみて手に粉がついてしまうようなら、まず一度ご相談ください。

ヘアクラッキング


髪の毛のように細かいヒビが入っている状態をいいます。これは表面の塗膜部分の劣化が原因で起こる現象です。特に構造には影響しないのですが、この状態を放置しておくと雨水などが浸入して下地にダメージを与えたり、コンクリートなどが剥離してしまう可能性が出てきます。

塗装だけでも補修可能な場合もありますが、今後のことも考えると下地からしっかりと補修したほうが良い場合もありますのでご相談ください。


苔・カビ・サビ


苔、カビなどは主に日当たりの悪い北側、日陰になりやすいところに多く発生します。これは外壁が劣化し、いつも湿った状態のために発生しやすくなり、通常の洗浄では根絶するのは難しいです。

深く張った根は基礎まで侵入し、建物自体を腐食させることにもなりますので、一刻も早く塗り替えされることをお勧めします。

剥がれ・膨れ


剥がれや膨れの現象が出ている時は要注意です。これは下地と塗膜部分の接着が弱くなり、表面の塗膜がどんどん剥がれてくる状態で、時を経るごとにその箇所は広がってしまいついには家の外壁全体が剥がれを起こすことにつながります。この状態を放置すると基礎構造部分にまで雨水が侵入し、家自体を傷める原因となってしまいます。

この場合、塗装による修復だけではなく、下地からしっかりと施工・修復する必要が出てきます。


クラッキング(大きなヒビ)


かなり大きなヒビが入っている場合、これは下地や家の躯体構造までヒビが到達している可能性があります。かなり深刻な状態で、雨水が侵入し家の土台や基礎を傷める原因となるため早急に補修をする必要があります。



お問い合わせはこちら!